【子供の糖質制限】子育ての理想と現実

糖質制限 子育て 子供
 
以前、子供に糖質をあげすぎるのは「糖質中毒」になるから良くない!
というブログを書きました
 
 
まだその頃は子供がいなかったので
 
「自分の子供にはお菓子などの糖質でコントロールするのはやめよう!
甘いものはあまりあげないようにしよう!」
 
と、考えていました。
 
しかし、現実は糖質は子育てにはかなり便利で、甘いお菓子などが大活躍!
 
今回はそんな私の糖質制限と子育てについて、理想と現実について書いていきます

私が子どもに糖質をあげるとき

子供にはバランスのいい食事、糖質は少なめに・・・と思いますが
甘いものが大好きな子供
 
私が子供に糖質をあげてしまうこんな時だな、と振り返ってみました

機嫌の悪い時

子どもが機嫌が悪くて、どうしようもない時
お菓子で何とかなる時が結構あります
 
不機嫌の理由がお腹が減っているから、という場合もあるのですが・・・
 
おやつもチーズや野菜などの低糖質なものもあげたいけど
やはり子供は甘いものが好きみたいであまり食べません
 
持ち運びしやすい市販のお菓子や楽園フーズのスイーツをあげるときがほとんど
低糖質 クランチチョコ
娘はこのイチゴのクランチが大好き
低糖質なおやつは虫歯にもなりにくいので便利です
 
子どもは甘いものが好きですね
 

薬をあげるとき

薬を飲ませるとき、なかなか素直に飲んでくれないのが子供・・・
ご褒美でラムネをあげるのが我が家では有効
 
薬=ラムネと思ってくれているのか
おとなしく飲んでくれます
 
ラムネは我が家では常備していて大活躍!
 
「自分の子供にはお菓子などの糖質でコントロールするのはやめよう!」
という昔の自分の考えは甘かったな~と思います・・・
 

外出時の最終兵器「ジュース」

外出時、機嫌が悪くどうしようもない時
最終兵器として使うのがジュースです
 
家にはジュースをおいてないので
外出先のちょっとした贅沢品
 
たまにだからなのか
ジュースを飲むときはすごい勢いで飲みます
 
ジュースがあると、かなり不機嫌でも大人しくなるのがすごいなあ~といつも思います
糖質の魅力は強力ですね
 

自分なりに気を付けていること

子育てには糖質はかなり便利で
制限するのは結構難しいな・・・と実感しています
 
ただ、なるべく子供を砂糖漬けにしないように、自分なりに以下のことは気を付けるようにしています
 

家にジュースをおかない

子どもの飲み物は「お茶」「水」のみ
家にないと子供もあきらめるみたいです
 
以前ブログで紹介した映画「さとうの甘くない話」では
一日中、ジュースを飲んだ子供の歯が
虫歯まみれになってしまっていました
 
 
ジュースは外出先のみで
普段の飲み物はお茶にするようにしています

食事には低糖質の物を積極的に入れる

こちらの記事で紹介した
子どもでも食べやすい低糖質食品を
ご飯の時に入れるようにしています
 
しかし、子供は炭水化物が好きみたいで
大人が思うようには食べてくれないのですが・・・
 
諦めると、90%以上が糖質の食事になってしまうので
なるべく食卓に並べるようにしています
 
 
 
なかなか難しい子供の糖質制限
理想と現実には大きな隔たりがありました
 
子育てってなかなか理想通りにはいきませんね
 

今日の糖質制限メニュー

アスパラを沢山もらったので炒め物にしました

シャキシャキで甘くて美味しかった!

やっぱり野菜は旬のものを使うのが一番おいしくできますね~

麻婆豆腐は炊き立てのご飯にかけたいのを我慢して、大豆クッキーと一緒に食べました。

甘すぎないクッキーなので、食事にも合います。

ごちそうさまでした

大豆クッキー 糖質制限

糖質制限のパン&スイーツ

ブログを応援

クリックでランキングが上がります。ブログ更新の励みになります(^^)他の糖質制限ブログも見れるので、よかったらクリックお願いします

楽園フーズの人気No1の商品はコレ!

ロカッチ のり塩 低糖質 大豆スナック

コメントを残す